ストレッチポールでダイエット!!

March 30, 2017

 

ストレッチポールは、アメリカで使用されていたフォームローラーを元に、株式会社LPNが開発した健康器具。そのストレッチポールの上に寝てエクササイズをすることで、普通のエクササイズでは得られない効果を得られるため、ダイエットや美容、健康に良いといわれています。

 

 

インナーマッスルを鍛えて代謝を上げる

ストレッチポールは円柱の形をしているので、その上に寝ると体が不安定になります。私たち人間は、体が不安定になるとバランスをとろうとしますが、その時に普段使わない筋肉を使うようになります。その筋肉とは「インナーマッスル」。体の奥深くにある筋肉で深層筋とも呼ばれていますが、インナーマッスルは体の骨格を維持する働きを持つ筋肉です。ちなみに、腹筋や背筋などの筋肉は体の表面にあるため、アウターマッスル(表層筋)と呼ばれています。ダイエットで、インナーマッスルを鍛えることはとても効果的。なぜなら、よく筋肉を鍛えると代謝が上がるといわれていますが、腹筋や背筋のようなアウターマッスルを鍛えるよりも、インナーマッスルを鍛えたほうが代謝が上がりやすいとされているからです。でも、インナーマッスルは毎日普通に生活していると使う機会は少なく、歳を重ねるにつれて衰えやすいため、毎日数分、ストレッチポールを使ってエクササイズをするだけで、インナーマッスルを鍛えて代謝が上がり、体に脂肪がたまりにくくなってダイエット効果も上がります。

 

 

体の歪みを直して健康的な体になる

インナーマッスルは体の骨格を維持する働きがあり、インナーマッスルが衰えると骨格を維持できなくなるため、体が歪んでしまいます。

体が歪むと、いろんなデメリットがあります。例えば、体が歪むことで体の血液の流れが悪くなり、体の機能が衰えて代謝が落ちて太りやすくなります。さらには、体の歪みが内臓の歪みまで招くので、内臓の働きを悪くして病気へとつながる恐れもあります。

ということは体の歪みを直せば、代謝が上がって健康的にもなれるということ。ストレッチポールなら、インナーマッスルを鍛えて歪んだ体を直すことができるので、健康的な体を手に入れられます。

 

 

肩コリや腰痛を解消できる

肩コリや腰痛の原因の1つに、体の歪みが考えられます。

体の歪みは血液の流れを悪くするため、肩のまわりの血液の流れが悪くなると筋肉が硬くなって肩コリになります。そして、体が歪むと腰に余分な負荷がかかるため、腰痛を引き起こしてしまいます。

また肩コリや腰痛になると、痛みをやわらげようと体をかばう姿勢をとってしまうので、さらなる体の歪みを招く恐れもあります。そんな肩コリや腰痛も、ストレッチポールなら体の歪みを直して解消することが可能。ですのでダイエットや健康だけじゃなく、肩コリや腰痛に悩んでいる方も、ストレッチポールを使ったエクササイズをすることをオススメします。

 

 

姿勢が良くなって姿美人になれる

体が歪んで猫背になったり、腰や膝が曲がったりすると、立ち姿が年齢以上に年をとって見えてしまいます。そのため少しでも立ち姿をキレイにしようと、背筋を伸ばしてみるのですが…。すでに体が歪んでいるとその姿勢を保つのって結構難しく、結局猫背に戻ったりします。

なので、姿勢を良くして姿美人になるには、ストレッチポールが効果的。ストレッチポールをすれば、丸まった猫背と曲がった腰をまっすぐ伸ばせ、インナーマッスルを鍛えることで、まっすぐになった背中と腰を長く維持できるようになり、いつ誰が見ても姿勢がキレイな姿美人になることができます。

 

 

 

美容、健康、ダイエットと沢山のメリットがある

 

ストレッチポール
是非トライされてみませんか?! 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Blog

Featured Posts

【美腸&菌活オンラインセミナー開催】

May 9, 2020

1/1
Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

〒162-0067

東京都新宿区富久町15-1

​富久クロスコンフォートタワー314号

mamrich0501@gmail.com

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

MAMRICH®︎